時期によって賃貸の探し方に違いがある

賃貸物件を選ぶポイントの一つが探し始める時期です。不動産というのは1年の中でその数やお値段、条件などリアルタイムに変わっていきます。いつ始めるかによって理想的な物件に住める確率というのは変わってくるものなのです。

一般的に部屋探しのピークとされているのは1月から3月くらいです。学生や新社会人などが新生活をスタートさせるためにお部屋を探しているからです。不動産屋はかなり混み合っていますが、物件数もかなり多めになっているので「部屋が見つからない」なんてことはないでしょう。しかし金額や条件はやや渋めになっているという特徴もあります。

4月~5月は不動産屋は比較的すいています。新生活の引っ越しピークが過ぎたためです。不動産屋とコミュニケーションを図りながらじっくりと部屋を探せるというメリットがある一方で、賃貸物件そのものは少ないというデメリットもあります。

6月~8月、11月~12月はそこそこ空いているといった感じです。時期的には中途半端なので、物件数はそれほど多くはありませんが、逆にお値打ちなプレミア賃貸があったりもします。ピーク時に決まらなかった物件の大家さんが部屋を開けておくのを嫌って、家賃を安くしたり条件を良くしたりしているからです。

9月~10月というのは企業の移転などが多く、法人関係の人たちで不動産屋が混んでいます。また家族での引っ越しというのも多いため、間取りの広い物件はやや少なめになっているといえるでしょう。

いつの時期であっても、だいたい引越しの1~2か月前には物件探しをした方が良いです。良い賃貸物件に出会えるかどうかというのはタイミングや運が関係しますから、早めに動いておいた方がいいのです。

素敵な賃貸を選ぶために、時期によって違うポイントを押さえておきましょう。