人づきあいは賃貸選びのポイントです

社会生活を送る中で、人とのコミュニケーションというものはとても重要なものです。新生活をスタートするための賃貸物件選びでも、人との繋がりというものは大切なポイントとなります。

賃貸に住む時にまず大切にしたいのが大家さんや管理会社との関係です。特に大家さんが表にでるような物件の場合、ある程度の親交は持っておいた方が良いでしょう。入居の際や年末年始などにはちょっとした菓子折りを用意して挨拶をしてみてください。それだけのことかもしれませんが、入居者に対する大家さんの印象というのは良くなるものです。

印象を良くしておけば、多少騒音を出したりなどのトラブルがあってもちょっとした注意くらいで終えることができます。また退去時などには敷金をほぼ満額で返却してくれるなどの融通もあるものです。

近隣住民との接し方も重要なポイントです。賃貸物件を内見するときや実際に引越しをする時などは挨拶をしておくと良いでしょう。賃貸に住んでいる時の各種トラブルを未然に防げます。

また意外と忘れがちなのが不動産屋とのコミュニケーションです。物件選びであれやこれやとお話するかもしれませんが、それ以外にもちょっとした雑談をするなどしてみてください。不動産屋も人ですから、いい人だな・面白い人だなという借主には良い物件を紹介したいと思うものです。手持ちの中からよりより条件の賃貸物件を親身に探してくれたりするでしょう。仲良くなっておいて損はありません。

賃貸物件を借りるというのは契約上の問題だけではありません。人と人とのつながりも大切にすることが、より良い物件を選ぶポイントになります。