敷金・礼金ゼロは賃貸を選ぶポイントになる?

賃貸物件を借りる際に必要になってくる敷金や礼金ですが、最近は両方ともゼロなんてところもあります。一見かなりありがたい話ですが、なぜゼロなのかを考えたことはありますか?本当に敷金・礼金ゼロの方がいいのかどうか、物件選びでは一度立ち止まって悩むべきポイントになります。

敷金と礼金というものはそもそも性質が全く違います。礼金とは昔からある日本独自の習慣であり海外にはありません。部屋を貸してくれる大家さんに対して感謝の気持ちを込めてお支払するというのが礼金になります。

敷金というのは賃料の担保として預けるお金になります。様々な理由によって家賃が払えなくなった際の保険として存在しているわけです。また退去時には原状回復のために利用されるという性質もあります。明らかに借主が原因による傷や破損があった場合は敷金から払われるというわけです。

敷金・礼金はこうした性質があるのですが、ゼロになるとどうなるのでしょうか?礼金がゼロというのは、基本的に借主にとっては影響がありません。むしろ初期費用がお安くなってお得という側面があります。

逆に敷金ゼロというのはちょっと危険かもしれません。そもそも借主が何らかの理由で支払能力が無くなった時の保険が敷金です。もし払えなくて敷金も無かったら即時退去なんてこともあり得ない話ではないでしょう。実際にすぐに出ていくことはありませんが、それでもかなり分の悪い話です。

また敷金ゼロですと、退去時のクリーニング代がかかることも考えられます。初期費用が掛からない代わりに、そのあとの支払いをしなくてはいけないということになるわけです。

礼金ゼロというのは物件選びでは大きなメリットですが、敷金ゼロな物件はちょっと立ち止まりましょう。どうして敷金がゼロなのかを不動産屋や大家さんに確認することが良い物件を選ぶポイントになります。